スタッフブログ | 手作り結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイドならジュエリースミス|東京青山・横浜元町

ジュエリースミスブライダル

2017.09.19

台風一過、秋晴れですね

創作意欲が湧いてくる秋です

東京、横浜はすっかり秋

昨日は真夏の暑さだった東京、青山。そして横浜元町。

今日は爽やかな秋晴れとなりました。

芸術の秋、創作の秋到来です。

おふたりの創作意欲は燃えてきましたか?

手作り結婚指輪は一生もののアート

結婚指輪も、ひとつの代表的なジュエリーです。

指輪をつけるのは初めて!

というかたも意外と多いんですよ。

「ファーストジュエリー」、なんていう呼び方もしますが、

生まれて初めてジュエリーというものを身につける、という貴重な経験ですよね。

指輪はジュエリーの中でも特別なもの

指輪って、ピアスやペンダントと違って特別なもの。

古今東西、世界的に特別扱いされているアイテムなのです。

結婚指輪を左手のくすり指につけるのは、心臓とつながっているから。

命に代えても愛の誓いを守ります、という特別な意味が込められています。

古代ローマやギリシャの時代から、指輪を身につけることは「契約」などとても神聖で大切な意味を持っていたようですよ。

婚約指輪にはなぜダイヤモンドなの?

ではなぜ婚約指輪にはダイヤモンドなのでしょう?

昔明治時代の日本では、婚約指輪にサンゴや真珠を用いることも珍しくはありませんでした。

特にジュエリーでなくても構わなかったようです。

ダイヤモンドリングが婚約指輪として普及したのは、戦後のこと。

欧米の文化が日本に入ってきたとき、キリスト教式の結婚観が一緒に輸入されたのです。

ダイヤモンドはなぜ高価なの?

 

でもダイヤモンドって高くて買うのが大変。

それにはいくつか理由があります。

1.まず大変希少であること。

いくらきれいでも、ゴロゴロと転がっている石ならば価値はありません。

地下100kmもの深いところにあるダイヤモンド。

もとはもっと深い地球の内部にあった炭素が、暑いマグマが地殻変動のため地表に急激に上がってきたときに、高温高圧などの条件が揃い、うまく固まってできたのがダイヤモンドなのです。

そして安定した地層条件のもと、私たち人類の手が届く場所にほんの少し存在しているんですよね。

このように、非常に厳しい条件のなかで偶然生まれるものですから、とても希少なのです。

2.掘り出すのに結構な労力が必要。

ダイヤモンド鉱山は南アフリカやロシア、オーストラリアなどのなかなか簡単に掘り出せない場所にあるので、まず採掘するのには大変な困難が伴うのです。

3.硬くて加工がしづらい

現代では技術がずいぶん進みましたが、なんといっても地球上で最も硬い物質がダイヤモンド。

ですので、ダイヤモンドを研磨するには、ダイヤモンドの粉末を使うか、レーザーなど特別な道具を使わければなりません。

加工できる道具と、技術者が揃って初めてあの美しいキラキラとしたダイヤモンドが生まれるんですね。

 

無色透明のダイヤモンドは、濁りのない誓いの証

でも、天然のダイヤモンドには、どうしても内包物(なかにゴミや傷が入っていること)がつきもの。

でもこの内包物、単に見た目や輝きが悪いだけではなく、ダイヤの丈夫さにも影響を与えるのです。

ダイヤのなかに不純物が多ければ多いほど脆く、割れやすいという性質があります。

氷に例えると、ぎゅーっと圧縮された、なかに何も混ざっていない氷と、泡などがあちこちに混ざってできた氷の違い、というとわかりやすいでしょうか。

婚約指輪や結婚指輪のように、長く使うジュエリーには、できるだけ丈夫なダイヤモンドが望ましいもの。

ご予算が許す範囲で、なるべく不純物が少ないものを選ぶことをお勧めします

 

topへ戻る

ジュエリースミス 東京青山店
〒107-0062
東京都港区南青山2-20-1-1F
営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日:木曜日
TEL: 03-6804-5173
info@smith-jewelry.com

ジュエリースミス 横浜元町店
〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-50元町パセオ2F
営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日:月曜日
TEL: 045-263-9971
info@smith-jewelry.com


電話相談・予約

メールで予約

かんたん予約・相談