スタッフブログ | 手作り結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイドなら工房スミス|外苑前店・横浜店

工房スミス

2018.01.22

スミスのプラチナの秘密

スミスのプラチナは、ハードプラチナです

結婚指輪で定番のお素材、プラチナ。

よく耳にする素材とは思いますが、どんなものなのかご存じでしょうか?

スミス特製の「自社製プラチナ」についてご案内させていただきますとともに、今日は奥深〜いプラチナの世界のお話をさせていただきますね!

 

実はプラチナって柔らかい金属

プラチナって、実際は柔らかい素材ってご存じでしょうか。

「高い=硬くて丈夫」ではないのです。

金属としては、かなり粘り気があって、薄く細くのばせるためデザイン性に富むのが、プラチナの魅力です。

ジュエリーに加工する際にはあえて純プラチナを使用せず、

Pt900(90%純プラチナ使用)

PT950(95%純プラチナ使用)

といった、5〜10%他の金属を混ぜた合金にするのは、金属に丈夫さを出し、加工性を良くするためなのです。

お客様の声から生まれた素材、ハードプラチナ

華奢なデザインのリングなど、ゆがんだり折れたり、といったトラブルが起こりがちだったのが、かつてのプラチナ。

スミスは25年、ジュエリーを作り続けてきた工房ですので、

「華奢なデザインの指輪やネックレスが欲しい」

「でも丈夫で長持ちさせたい」

そういったお客様からのご要望をたくさん聞いて参りました。

そこで自社開発したのが「ハード」プラチナ900。

900、というのは90%純プラチナを使用していますよ、という意味です。

のこりの10%が、プラチナの強度を左右するんですよね。

 

秘密はパラジウムとルテニウム

丈夫さの秘密は、10%混ぜ合わせた合金の中身なんです。

パラジウムを混ぜるのは普通なのですが、ルテニウム、という素材を混ぜ合わせたことによって、通常のプラチナの1.3~1.5倍の強度になっています。

この金属を良い感じに混ぜ合わせるのって、なかなか大変なんですよ。

いろいろ苦労がありましたが、いまではすっかり定番のお素材となっており、スミスでは手作り指輪でもこの「ハードプラチナ900」を標準採用しております。

なにが良いかと具体的なメリットを挙げますと、例えば槌目仕上げ(ハンマー仕上げともいいます)が長持ちします。

柔らかいプラチナですと、数年で消えてつるつるになってしまっていたプラチナの結婚指輪。

ハードプラチナなら、テクスチャーの凸凹が長持ちするので、美しさが、長持ちする、ということなんですよね。

あるいはエンゲージリング(婚約指輪)のダイヤモンドが外れにくくなる、という利点も。

プラチナの、華奢な爪で留まっているダイヤモンド。とっても大切な高価なものですから、できるだけ丈夫な爪でしっかり止まっていて欲しいですよね。

ハードプラチナなら、普段使いにもご安心してご使用いただけます。

「プレミアム・ハード・プラチナ」もございます

時々来られる、本当に「丈夫さ」が切実に必要!と言うお客様にオススメなのが、「プレミアムハードプラチナ」

こちらは手作り指輪ですと「プレミアムコース」でのみ、オーダー可能です。手作り婚約指輪でしたら、特にオススメです。

ルテニウムがより多く混ざった、かなり硬度の高いプラチナで、通常のPt900の約1.7〜2倍丈夫なんです。

オーダーメイドでもご注文いただけますよ。

ただし、少々お時間がかかります(通常納期プラス1週間)のと、若干お値段が上がります(追加でプラス8,000~10,000円)ので、まずはお気軽にご相談下さいませ。

 

ご来店をお待ち申し上げております。

 

 

 

 

topへ戻る

工房スミス 外苑前店
〒107-0062
東京都港区南青山2-20-1-1F
営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日:木曜日
TEL: 03-6804-5173

工房スミス 横浜店
〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-50元町パセオ2F
営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日:月曜日
TEL: 045-263-9971


電話相談・予約

メールで予約

かんたん予約・相談