婚約指輪の相場は?品質は?手作り婚約指輪と既製品を比較! | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

婚約指輪の相場は?品質は?手作り婚約指輪と既製品を比較!

婚約指輪を自分たちで制作する場合の方法

婚約指輪はプロポーズの際に男性から女性に贈られることが多く、2人で人生を共にすることを決めた約束の証しとして思い入れのある人も少なくありません。結婚への思いはそれぞれ異なりますが、それを形にするために、婚約指輪を贈るという風習は今も昔も変わりません。

そもそも婚約指輪の相場はどのようなものを選ぶのかによって異なってきます。デザインは価格を左右する要素の中でも大きなもので、シンプルなデザインを選ぶと安くなりますし、凝ったものになればその分装飾やデザイン費も加わり高額になりやすいです。都市部と地方とでは都市部の方がわずかに高くなることがありますが、地域性だけではなく、経済力による違いから年齢が上がるにつれて高額なものを選ぶ傾向もあります。

有名メーカー製のものを購入されることがも多いものの、自分たちで作るという選択をとるカップルも増えてきました。手作りであっても高い品質のものを作ることができ、長く安心して使えます。

指輪を手作りする場合、大まかに分けて2種類の方法をとります。ロウ材を使って原型を作る方法と金属をたたきながら曲げていく彫金です。この2つは金属加工として大きな違いをもっています。手作り婚約指輪の相場はこの種類によっても異なりますし、デザインの観点からも全く違う印象のものが出来上がります。選ばれやすいのは鋳造である原型を作って流し込む方法です。さまざまなデザインに対応することができる柔軟性があるため、希望しているデザインのものを作り上げられます。

彫金は高度な技術が必要で、一度温めた金属をたたきながら均一の厚さにしていきます。職人のようには難しくとも、ある程度の技術が必要になるため、見た目の自由度を重視したいのであれば鋳造を選択しましょう。既製品としてみても、デザイン性の高いものを選ぶのか、高くても職人の技術が随所に出てくるものを選ぶのかで違いがあるといえるでしょう。

既製品と手作り、品質に差はあるのか

婚約指輪は既製品や特注品を購入する方が多いものの、自分たちで作ったものをはめるという2パターンもあり得ます。

婚約指輪の相場は、既製品の場合、首都圏で行われた2018年度の調査によると40万円前半となっています。しかし、手作り婚約指輪の相場は、それよりも10万円ほど安かったという結果が出ています。金額に大きな差が出てくることから品質にも差があるのかと思うかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。

手作り婚約指輪でも宝石などの細かな部分にもこだわっていくことができますし、指輪の素材を変えることもできます。製作する際はプロであるスタッフがサポートしてくれますし、婚約指輪に欠かせない宝石をはめる石枠を作る工程や最後の仕上げを行ってくれるところもあるので安心です。手作りならではのちょっとしたゆがみなどが出ている可能性もありますが、一見しただけでは既製品にも劣らない品質で製作することができます。

手作り婚約指輪の相場が既製品よりも安い理由に、品質ではなく必要素材を独自ルートで入手しているためという点も挙げられます。独自ルートを利用すれば、入手するときに仲介料などが不要なため、その分素材の価格を抑えて提供することができるのです。特に指輪にはめる宝石の品質は重要ですが、既製品と変わらない品質で安く手に入れられるといった利点があります。既製品で使用されているランクによっては、宝石の輝き度合いから手作り婚約指輪の方が品質が高く見える場合もあります。

デザインや手元に届くまでの時間での違い

手作り婚約指輪のメリットは、自分たちの希望に合わせた指輪を作れるところです。例えば、市場には出回らないようなデザインの指輪も、手作りであれば作ることができます。工房によっても異なりますが、どのような婚約指輪にしていくのかは自分たちで考えるため、デザイン費がかかりません。既製品の場合、デザインにこだわっているものの中には販売価格にデザイン費が含まれていることがあります。また、特注品という方法も選択できますが、その場合は通常の婚約指輪の相場よりも高くなる可能性があります。そのため、デザイン費という点から見ても、やはり手作り婚約指輪の相場の方が安くなっています。

手作り婚約指輪の相場は既製品よりも安いですが、既製品は店舗や商品によっては当日に持ち帰ることができる場合もありますが、手作り婚約指輪の場合にはなかなかそうはいきません。これは、自分たちが制作したあとなるべく高い品質の婚約指輪となるようにプロが仕上げや調整作業をしてくれてるためです。そのため、どうしても急ぎで婚約指輪が欲しいという場合は手作り婚約指輪ではなく既製品の方が良いでしょう。しかし、既製品であっても当日持ち帰ることは難しい場合も多いため、準備には1カ月から2カ月程度必要となる場合もある、と考えておきましょう。

手作り婚約指輪は急ぎであることを事前に伝えておけば、希望の日時までに完成させて届けてくれることがあります。完成までの最短日時は彫金工法やワックス工法などの制作方法や、同じ制作方法でも工房によって異なるので、確認してみましょう。制作している様子を写真や動画に残してくれるサービス有無によっても届けてくれるまでの日数は異なりますので、余裕をもって制作にあたることが大切です。