Blogブログ

ヴィクトリア女王とウエディングドレス

2019/05/09 / #ブログ #横浜元町店

平成から令和元年、時代が変わるのだなあ・・雨により清めているのかな?                     と感る10連休でしたね。

皇太子妃となられた、ご成婚の時の雅子様のドレスの首元は                    八重咲の大輪の花のようでした。

 

さて、この白いウェディングドレスのスタイルは、                        イギリスのヴィクトリア女王の時代にさかのぼります。

「ヴィクトリア女王 オレンジ 肖像画」の画像検索結果

当時は、ウェディングドレスとしては白を使用するのは稀でした。

ヴィクトリア女王が白いウェディングレスを着用したことで
花嫁衣装に白を使う様になりました。

それまでの女王のウエディングドレスは戴冠式のような重厚なものでしたが、                  伝統のスタイルを無視しました。

ドレス生地のシルクもレースも英国産に指定するなど、自国の殖産興業を指示しました。       裕福になってきた中産階級の好みに合わせたドレスや様式で流行になりました。

当時、王室は人気がなかったのです。                               夫となるエドワードもあまり受け入れられなかったのでしたが、                  女王は国民の理解や信頼を得て、夫と二人三脚で国を治めたのです。

この結婚式のスタイルが大人気となり、現在までウェディングスタイルとなり                世界で取り入れられているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTACT押し売りなど、お客様の不快となるような
営業は一切致しません。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

メールのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

ABOUT SMITHスミスとは、職人のこと

当店ではその名の通り職人がお客様の大切な思い出のひとつに寄り添えるようまた、ご制作いただいた方の嬉しい顔に力をいただきながら日々向上心を持ってお客様をお待ちしています。
『こんな指輪がほしい』『大事なものだから詳しい話を聞きたい』『ものづくりが好き』『楽しい時間を過ごしたい』なんなりとお聞かせくださいませ。
お客様の貴重なお時間を預かるからこそスミスですばらしい時間をお過ごしいただき、その後の末永い幸せを心より願っております。

YouTubeチャンネルを見る