Blog | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

婚約指輪のダイヤモンドについて その4

2014/10/20 / #ブログ

今回はダイヤモンドの4Cの「Caratカラット=重量」についてのご説明です。シンプルにご説明すると

1カラット=0.2gです。

もちろんダイヤモンドは重くて大きいほうがいいに決まっているのですが、重くてもカットが悪くてお尻が大きい石だったり、ガードルが分厚ければ輝きは悪く、ダイヤモンドとしての価値は下がります。

やはり4つのCのバランスが大切なんですね。

ちなみにカラットと、キャラット二つの読み方がありますが、意味は同じです。英語を日本語読みしたときの発音の違いで、意味はダイヤモンドの重さです。

さらに紛らわしいのですが、英語でも2種類の表現があります
Carat = Karat と2種類がありますが、英語の場合はCaratは「宝石の重さ」を表しますが、Karatは「金の純度」を表します

例えば、
2.0Carats Diamond. (2.0カラットのダイヤモンド)
18Karat Gold. (18カラットの金、18金)

ここまできたら、24金の説明をしたいところですが…ここから先はまた別の機会に。

 

images

set03