来店予約

ブログ | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

婚約指輪のはじまりとトレンド

2016/12/03 / #ブログ

婚約指輪のはじまり

 

婚約指輪は愛する男性からもらうプロポーズのリング、基本的にはダイヤモンドの指輪と行ったらイメージしやすいでしょうか。

eg02

それに対して結婚指輪は夫婦でつけるお揃いペアリングが一般的です。

 

%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ab02

 

結婚指輪と婚約指輪って、何がどう違うのか混乱する方もいらっしゃいます。

 

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%82%b801b

今日は改めて、婚約指輪のルーツと基本知識をご説明致しますね!

 

 

婚約指輪の起源は売買契約!?

 

現代では、結婚とは男女がお互いの合意のもとにするもの、という大前提がありますが、かつて古代ギリシャ時代は違いました。

家と家が結びつく、というのが「結婚」の意味だった時代に、花嫁はお金を支払われて婚家に嫁ぎ、その証拠として花嫁の父親に指輪が手渡されていたのが始まりです。

そこにはロマンティックな要素はなく、子孫を残すことによって家系を絶やさず、身分・財産を継いで行くという意味での婚姻だったのです。

 

日本での婚約指輪のはじまり

 

日本における婚約指輪の歴史は浅く、1960年ごろから結納品のひとつとして加えられる様になりました。

それまでは、一夫一婦制ですらなかった日本の貴族社会。

戦後の欧米化とともに、アメリカ文化、とくにキリスト教の影響から一人の男性には一人の女性、という概念が一般に浸透していった背景があります。

法制度の変化もおおきいですね。

 

エンゲージリングはお給料の3ヶ月分??

 

日本で婚約指輪が普及しだした1960年代、誕生石や真珠の指輪がむしろ一般的でした。

ダイヤモンドなんて一般庶民には高くて高くて…

そんな時代に一石を投じたのが「デ・ビアス社」によるテレビCMキャンペーンです。

 

「婚約指輪はお給料の3カ月分」

 

このフレーズ、お若い方はご存じないかもしれません。

 

さまざまなカップルのラブストーリーをドラマ仕立てで見せるコマーシャルが大ヒット。

高いからこそ、真心を証明するにふさわしい、そんな価値観も手伝って、瞬く間に「婚約指輪=ダイヤモンドリング」という方程式が高度経済成長真っ只中の日本じゅうに行き渡ったのです。

このCMの効果もあり、1970年代にはダイヤモンドリングを婚約指輪に贈るカップルは全体の16%にとどまっていたのですが、1980年代にはなんと70%以上のカップルが「ダイヤモンドの指輪を婚約指輪に贈った」と答えています。

やはりダイヤモンドって素晴らしい

 

企業の戦略に乗せられた、なんて残念がる必要はありませんよ!

 

現代では、家と家よりも、人と人の結びつきがより大切にされる時代。

女性も男性を選べる時代となりました。

ダイヤモンドは、自然界の物質のなかでも最も硬く、自然が作り出すその無垢な輝きは永遠の愛を誓うにふさわしい美しさです。

しかも、お値段もかつて比べてずいぶんお財布に優しくなりました。

 

現代の婚約指輪の相場は、お給料の約1.5か月分

 

なんですもの。なんといっても昔の半分です。

結婚式だって、10万円でおつりが来る時代。

本当に幸せですよね。

 

指輪のデザインも豊富になりました

 

30代前後のプレ婚カップル様のパパ・ママ世代(50歳代後半~60代)は「建て爪の婚約指輪」が一般的でした。

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc01

ダイヤモンドを留めるつめはがっしりと太く、高く薬指から飛び出した婚約指輪。

%e6%a3%ae%e7%9b%b4%e5%ad%90%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc02

ふだん使いなんてとんでもない!

という時代があったのです。

タンスの奥に大切にしまっておくべきもの、という昔の考え方ですね。

 

現代の婚約指輪は実用性も重視

 

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a001

「大きければ大きいほどいい」

案外欧米の方はカラット(大きさ)重視です。

日本でブライダルに一番人気のダイヤモンドは、0.2~0.3ct。

ふだんつけていても邪魔にならず、結婚指輪と重ねてつけても無理が無いサイズ感。

日本人らしい「用の美」意識を感じますね。

 

でも少し世代が上がると0.5ct前後が欲しいとの声を聞きます。

おふたりのお財布にあった、でもちょっとだけ背伸びした「上質」なものを選ぶのがおすすめですよ!!

おぎた

 

 

 

 

 

 

保存

保存

Koubou 工房一覧

外苑前店

外苑前店

営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日:木曜日
TEL: 03-6804-5173
来店予約 >

横浜元町店

横浜元町店

営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日:月曜日
TEL: 045-263-9971
来店予約 >

新潟店

新潟店

営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日:水曜日
TEL: 025-250-7035
来店予約 >

札幌店

札幌店

営業時間 AM11:00~PM19:00
TEL: 0800-800-8080(フリーダイヤル)
来店予約 >

TOP