Blog | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

婚約指輪のつけどころ@手作り結婚指輪 工房スミス札幌店

2018/10/09 / #ブログ #札幌店

プロポーズとともに贈られる婚約指輪は大切な婚約指輪。結婚後は「しまいっぱなし」という人が多いようです。

確かに高価な指輪、なくしたり傷つけたりするのはこわいものですが、タンスのこやしにするために買ってもらったものでもないはず。「大切だからしまっておく」というのは、プレゼントをした旦那さまからすると喜ばしいことと言えるでしょうか?

男性が、婚約指輪を贈る最大の理由は、愛する女性に「喜んでほしい」「喜ぶ顔が見たい」に他なりません。

あまり身につけないでいると「気に入らなかったのかな?」、「あんなに欲しがっていたのに、もう飽きたの?」、「何十万円もしたのに…、もったいなかった」なんて、心悲しく思われてしまうかも。

やはり、指輪は指にはめて使うことが本来の姿です。「普段使い」がイコール大切にしていないこととは違います。

大切に身に着ければ、頑張ってプレゼントしてくれた旦那さまも、指輪もきっと喜んでくれるはず。

コメントを拝見していると、婚約指輪を積極的に活用している人は、普段からご夫婦でお出かけしているエピソードがたくさん聞かれます。

毎日や休日、ちょっとしたお出かけでも、仲良く楽しく過ごすシーンの中に結婚指輪や婚約指輪があること。

特別で、大切なものを「きちんと身に着ける」機会があるからこそ、つけるたびに、指輪をもらったときの気持ちを想い返すことができたり、あらためて彼を愛おしく感じることができるのだと思います。

婚約指輪は、ただのリングではありません。人生最愛のプレゼントであるリングだからこそ、婚約期間以外でもつける機会を積極的に作って、大切に使い続けてくださいね。