Blog | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

『鍛造コース』の『鍛造』って何?@手作り結婚指輪 工房スミス札幌店

2018/11/09 / #ブログ #札幌店

手作り結婚指輪専門店
工房スミス SAPPORO 札幌店のタカシマです。

工房スミスの『鍛造コース』の『鍛造』って聞き慣れない言葉ですよね。

鍛造(たんぞう)と読みます。

今日は鍛造って何?という疑問にお答えします!

鍛造とは、金属を「鍛えて(きたえて)造る」金属の成形製法で、金属に圧力をかけて伸ばしたり曲げたりハンマーなどで何度も叩いたりして指輪を作る方法です。

工房スミス 手作り結婚指輪 鍛造 ハンマー 叩く 札幌 北海道

何度も叩くことで強度の優れた製品を製造できるという特徴があります。

強度が強くなるので、自動車のギア、航空機の胴体フレームなどの製造でこの方法が採用されていることも多いです。

また、身の回りの強度が必要となる包丁、ゴルフクラブ、高級ジュエリーなども鍛造によって製造されることが殆どです。

『鍛造』にも大きく分けて2種類の方法があります。

①伝統的な鍛造製法

金属の塊を叩いたり、伸ばしたりして棒状にしたものを曲げて指輪を作る方法です。
熱して柔らかくした金属が鍛えられ、引き締められながら徐々に成形されていきます。
多くの手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。

②プレス・削りだしによる鍛造製法

金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法です。
自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。

工房スミスの『鍛造コース』はこの『伝統的な鍛造製法』で製作できますよ。

*長所*

金属が鍛えられることで引き締まり、加工硬化と呼ばれる金属組織の変化が起きることで密度が高くて強い指輪になります。

鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い傾向にあります。

手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高く、表面硬度も高いため磨いた際の輝きも強くなります。

プレス式の製法の場合は工業製品のような大量生産も可能です。

*短所*

金属を曲げたり、削りだしたりして制作するため、曲線や複雑なデザインを作るのが難しい製法です。

デザインは真っ直ぐなシルエットのリングに限定されがちです。

伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しく、職人の技量や経験が問われます。

工房スミスでは専門のスタッフがついてサポートしますし、職人技術の本当に必要な所はスタッフがしっかりやらせていただきますd( ̄  ̄)

手作り結婚指輪専門店
工房スミス SAPPORO 札幌店

Instgram (koubou_smith_sapporo)

Facebook (@smith.sapporo) 

【店舗内】手作り指輪専門店 工房スミス札幌店【店舗外観】手作り指輪専門店 工房スミス札幌店

手作り結婚指輪専門店
工房スミス SAPPORO 札幌店
〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西10丁目1
オエノン北海道ビル1F
営業時間 AM11:00~PM19:00
TEL:0800-800-8080 (フリーダイヤル)
※駐車場完備 (3台)

来店予約 >

📍Google Map

手作り結婚指輪専門店
工房スミス SAPPORO 札幌店 アクセス

札幌駅から車で5分、徒歩20分
札幌 地下鉄東西線 西11丁目駅 3番出口 徒歩3分
札幌 市電 中央区役所前駅 徒歩2分
札幌 じょうてつバス 中央区役所前停留所 徒歩3分