Blog | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

ピンクゴールドの結婚指輪|特徴や選び方を解説

2019/07/21 / #ブログ #横浜元町店

ピンクゴールドの結婚指輪
数ある結婚指輪の中でも、見た目の可愛さから女性人気の高いピンクゴールド。

しかし、結婚指輪と言えばプラチナが定番と言う声も多く、「ピンクゴールドの指輪を選んで大丈夫なのか?」と不安に思う方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では、ピンクゴールドの指輪の特徴や選び方について解説いたします。

ピンクゴールドの特徴

ピンクゴールドは名前からも理解できる通り、ゴールドの一種です。柔ららかな色合いで、女性らしい優しい輝きを放ち、強すぎない発色が、シックで落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

他のゴールドの場合カジュアルな印象が強くなりますが、ピンクイエローでは大人らしい上品さを醸し出すことができます。オシャレ感と当時に大人らしい可愛らしさがあります。

ゴールドに使われる純金は通常ではとても傷つきやすいため、強度を出す加工が必要になります。純金に銅やニッケル、パラジウムなどを混ぜて加工を行うのですが、その際に銅の比率を上げることでピンクゴールドが生み出されます。

混ぜる金属の割合を変更することでピンクゴールド以外にも、レッド、グリーン、イエロー、ホワイトなどのゴールドを生み出すことができます。

ピンクゴールドは銅が混ざっているため、他のゴールドに比べて硬いという特徴があります。

そのため傷が付きにくく変形にも強いですが、強い衝撃が加われると割れる可能性があり、サイズ直しがし辛いというデメリットもあります。

関連記事:プラチナとホワイトゴールドの違い

ピンクゴールドは男性には不向き?

ピンクゴールドと聞くと、「女性専用でしょ?」「男が付けるのには向ていない?」と疑問を抱く方も多いと思います。

ですが、実はナチュラルカラーのピンクゴールドは男性がつけても違和感ない上品な色実です

とは言え、男性にはプラチナ、ホワイトゴールドなどの白系が人気ではありますが、ナチュラルゴールドはどんな肌の色実にも合いやすいので男性側が付けても違和感がありません。

かなりの色白でも、逆にしっかり日に焼けた小麦色のお肌でも、上品なナチュラルピンクは相性が良いため、男性に不向きということはありません。

ただし、どうしてもピンクという部分が気になる・抵抗があるというのであれば、男性はプラチナなどの定番色、女性はピンクゴールド、というように男女で別の素材を選ぶと良いでしょう。

最近ピンクゴールドが人気です

結婚指輪も「普通」ではなく、自分らしく、かわいくオシャレにつけたい。

そんな花嫁さまが増えています。

ピンク、と聞くといかにも「可愛らしい」というイメージを持ちがちですが、

ピンクゴールドは意外とつけてみると「肌色」に近いナチュラルなスキントーンですので、しっくりきます。

ゴールドが混ざっているから、実際には「ピンクベージュ」っぽい色なんです。

イエローよりもおとなしい印象がするくらいですよ。

ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド

ピンクゴールドに合う宝石は?

もしも宝石を入れるなら断然ダイヤモンドが相性抜群です。

なぜならダイヤモンドは他のカラーストーンと違って輝きが特に強いため、ピンクゴールドの色味に影響されることがあまりないのです。

ピンクゴールドにピンク色の宝石を入れると、色が被って埋もれてしまいますし、グリーンやブルー系の宝石だとどうしても茶色っぽく濁った色味に見えがちです。

ですので、一押しはダイヤモンドなのです、ダイヤなら一番硬くて丈夫なのもメリットです。

ピンクゴールドとダイヤモンドの剣腕リング

つや消しピンクはしっとりとした大人の雰囲気

ピンクゴールドと言いましても、艶ありとつや消しで結構印象が変わります。

艶があるピンクゴールドだと、ナチュラルで若々しく感じられますが、つや消しにすると少し色味が濃く見えますので、落ち着いた印象のピンクになります。

部分的につや消しにすると、また印象が変わって面白いですよ!

ピンクゴールドのつや消しとつやあり

↑左がつや消し、右がつやありです

ピンクゴールドの注意点

注意点1.温泉で変色することもあります

ピンクゴールドの成分には、銅が含まれています。

純金に銅を少量混ぜることでややピンクがかった黄色味に見えるのです。

ですので、酸化すると銅と同じく黒く変色することが注意点。

空気中の酸素くらいでは大きな変化はありませんが、

硫黄の温泉にはいってしまうと一瞬で黒くなってしまうので要注意ですよ。

黒くなるのは表面だけですので、貴金属磨きクロスでこすればすぐに元のピンク色に戻ります。

ただし、つや消しなどは表面の酸化膜とともに取れしまうこともございますので、あらかじめご了承ください。

ピンクゴールドのウエーブリング

注意点2.大幅なサイズ変更ができない場合も

ピンクゴールドの特徴の一つは、「硬い」ということ

硬いから丈夫なのね、よかったあ!

と思うのは間違いです。

プラチナなどの柔らかい素材でしたら、指輪が大幅にサイズアップしたり逆に小さくなったとしても柔軟性に富んでいるので問題ないのです。

硬いので、アール(曲面)が広がったり、逆に縮まったりするとポキンと折れる、あるいはヒビがはいってしまうこともありますのでご注意ください。

1号2号くらいのサイズの変化でしたら問題ありませんが、デザインによってはサイズ直しによって楕円になってしまう場合もあります。

以上の点を押さえておけば、大丈夫。

温泉の時は外す、極端に太ったり痩せたりしない、というのがポイントですね。

まずはご自分の目で見て、指につけてみましょう。

ピンクゴールドの色味って、実はお店によっても微妙に違っています。

お店で実際の色をみてみませんか?

工房見学、お待ちしております。