喜ばれる結婚指輪の人気デザイン | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

喜ばれる結婚指輪の人気デザイン

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/26

ストレートタイプの結婚指輪

結婚するにあたって、指輪をどうするかはカップルにとって大きな問題です。 手作り結婚指輪しかしたいていのカップルを見てみると、比較的シンプルなデザインのものが人気となっています。

やはり長く身につけ続けるものですから、シンプルでどの時代にも、どんなファッションでもマッチするようなものが好まれる傾向にあります。

代表的な結婚指輪のデザインはいくつかありますが、ストレートタイプもその一つです。
文字通り、ストレートなラインの指輪を指します。
数ある結婚指輪のデザインの中でも、最もシンプルです。

ストレートタイプは男性の間で支持されています。
男性の中には指輪など、アクセサリーを普段身につける習慣がないという人も多くいますが、
このような人でもシンプルなストレートタイプであれば、あまり抵抗なく着用できます。
女性の中にはストレートだとシンプルすぎるという人もいますが、組み合わせをうまく考えることによって、バリエーションの幅は広がってきます。

ストレートタイプを選ぶ際にポイントになるのは、幅と丸みです。


幅については2.5mmもしくは3mmが主流です。

優しい印象を与えたければ2.5mm、存在感を出したければ3mmがおすすめです。
0.5mmならあまり大きな違いがないのではないかと思う人もいるでしょうが、実際には見た目の印象に大きな差があります。
ストレート系でも、角ばっていてシャープなものもあれば、丸みを帯びたフォルムも見られます。

もしカジュアルに使いたければ、シャープなものの方がおすすめです。
一方落ち着いた柔らかい印象を求めるのであれば、丸みを帯びたものの方がしっくりくるでしょう。

V字デザインも人気は高い

V字デザインの結婚指輪も人気があります。 V字デザインとは、リングのラインのところにV字を入れることでフォルムを強調しているタイプです。 男性の中には太くて短い指の方もいるでしょう。 そのような人にはこの指輪がおすすめです。

なぜならV字ポイントが良いアクセントになり、指を細く長い印象にしてくれるからです。 ちなみにV字ラインの縦の切り込み具合によって、同じ形状でも印象がだいぶ変わります。 緩やかなV字であれば、カジュアルでシンプルな印象です。 Vの角度がきつくなると装飾性が高まり、華やかな印象の指輪を求める人向きになります。 普段アクセサリーをつけない男性からすると、少し敷居が高く感じる可能性はあります。
V字カットに抵抗を感じるのであれば、U字デザインの結婚指輪もラインナップされています。 ラインに丸みが出ることで、ラインがあまり目立たなくなります。

指が太いのはコンプレックスだけれども、曲線的なフォルムに抵抗があるという人にはぴったりです。男性の方の中には、第一印象がユニークだと自分が身につけるのには抵抗を感じるという人もいますが、見た目で判断すべきではありません。 実際に指にはめてみると、意外と違和感なくしっくりくることが多いです。女性の場合、物足りなさを感じるのであれば、ダイヤを装飾してみるのがおすすめです。 ダイヤが輝くことで、存在感のある指輪に仕上がります。

優しい印象のウエーブデザイン

ウエーブデザインの結婚指輪は、曲線があしらわれることで、優しい印象になります。 この曲線のラインに変化を持たせることで、見た目の印象も大きく変わってきます。

ウエーブタイプの結婚指輪の中でも特に人気の高いのが、ひねりの入ったモデルです。 ベースはストレートでもアームの部分にひねりを加えることでいいアクセントになりますし、上品な印象を与えられます。
また個性を出したければ、全体的にうねりの入ったモデルもあります。 S字タイプと呼ばれることもあり、全体的に柔らかい波状のフォルムが印象的です。 ウエーブが全体に入っているデザインのため、男性は少し抵抗感を抱く人もいるでしょう。

しかし実際に装着してみると、あまり違和感は感じないものとなっています。 もし女性の方がこのタイプを選ぶのであれば、ダイヤなどの宝石と組み合わせてみるといいでしょう。 そうすれば華やかな印象になって、指輪の表情も変わってきます。
このタイプの指輪は、短い指の方にマッチすると考えられています。短い指の方がストレートタイプのものを身につけると、太さがよりいっそう強調されることがありますが、

ひねりの加わった指輪を装着すると、指の太さをカムフラージュでき、すっきりと見せることが可能です。

指は短めだけれども太くはないという人もいるでしょう。 このような方もウエーブタイプのものはマッチします。 指の細い人はそうでない人と比較して、いろいろなデザインを楽しめます。 しかし指の短さがコンプレックスになっているのなら、S字の緩やかな曲線の入った指輪で短さをカバーするのがおすすめです。 指輪のデザインによって手元の印象も変わるので、試着などをして好みのものを選びましょう。