結婚指輪のデザインを考えるコツ | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

結婚指輪のデザインを考えるコツ

#手作り結婚指輪
2019/12/25

結婚指輪を手作りする際、デザインに迷う方はたくさんいらっしゃいます。こちらでは、そんな方へ向け、結婚指輪のデザインを考えるコツをご紹介いたします。

指輪の形で選ぶ

ストレートタイプの指輪

ストレートタイプの指輪はシンプルでオーソドックスな形であり、年齢・性別を問わず着けることができます。幅広の指輪は男性向け、細身の指輪は女性向けです。「シンプルすぎる」という場合には、石が埋め込まれていたり、縁にデザインが施されているタイプの指輪をおすすめします。

ウェーブタイプの指輪

S字に波をうったようなデザインで、柔らかい印象を与えてくれます。女性らしいイメージがありますが、曲線により指の関節や太さを強調しないため、手の大きい男性にも似合います。シンプルな形では物足りないという方におすすめです。

V字タイプの指輪

V字タイプの指輪は、シャープな印象を与えます。重ね付けしやすいデザインのため、婚約指輪と結婚指輪を一緒に着けたいという方におすすめです。V字の深さや太さにより印象が変わります。

指の形で選ぶ

太めで短い指

太めで短めの指の方には、V字やウェーブがおすすめです。ストレートよりも変化のあるデザインのほうが、指を細く見せてくれます。極端に細いアームの指輪は指に食い込んでいるように見えるため、避けたほうがいいでしょう。

節が太い指

節が太い指の方には、幅広デザインやストレートラインの指輪がおすすめです。どうしても節に合ったサイズを着けざるを得ないため、着けた時に少しゆるくなってしまうことがあります。そうなると指輪が回ってしまうため、気になる方には装飾なしのシンプルなデザインの指輪をおすすめします。

細めの指

細めの指の方はどんなタイプの指輪とも相性が良いですが、特に華奢なデザインがおすすめです。指の短さが気になる方は、V字デザインの指輪を着けて縦のラインを強調するのもいいでしょう。一方で、ボリューム感があるデザインは細い指とアンバランスな印象を与えるため、おすすめできません。

イニシャルや日付の刻印

結婚指輪に、イニシャルや日付を刻印するのもおすすめです。刻印することで二人の絆がより強いものとなるでしょう。

刻印する記念日は結婚式の日や婚姻届を提出した日、付き合い始めた日など、人によって違います。刻印する内容によって二人らしさを出すことができるため、今では結婚指輪に刻印するのは定番になりつつあります。

結婚指輪を手作りしたいという方は、工房スミスをご利用ください。お二人の会話の中から、ご希望に沿ったデザインを提案します。お二人の名前やイニシャル、結婚記念日、手書きのイラストやサインなどを指輪の内側へお入れする刻印サービスを行っています。

また、プレミアムコースとオーダーメイドのお客様には、サムシングブルーに白いレースを取り入れた上質な素材のリングピローを無料サービスいたします。経験豊富な職人がしっかりとサポートいたしますので、エンゲージリングを手作りできる工房をお探しの方はぜひお問い合わせください。