彼への婚約指輪のおねだり方法をご紹介! | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

彼への婚約指輪のおねだり方法をご紹介!

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/26

婚約指輪をおねだりするのはアリかナシか

婚約指輪の存在は、結婚の二文字が頭によぎるようになると気になることのひとつです。プロポーズは人生に何度も訪れるわけではありませんし、これから二人で一緒に人生を歩んでいく決断をする大事な時期ですから、婚約指輪の存在は大きなカギとなります。しかし、現在は節約志向も強くなっているため、結婚指輪に重きを置きたいという考えもあります。そのため、婚約指輪を用意しないで結婚指輪や結婚式にお金を使おうという考えを持つ人もいます。

女性側の気持ちとして、自分からおねだりしてもいいものなのか悩ましい点でもあります。女性から男性側に直接聞きにくい話ではありますが、アンケートによると結婚を意識している男性の半数程は彼女から婚約指輪をおねだりされても嫌な気持ちにならないと答えています。一生に何度も買うものではありません。男性側としての意見で、おねだりされる前に用意していたい、待っていてほしいというものもありますが、女性側からおねだりされることを不快に思うと答える男性は回答者の半数よりも少ないのです。男性は女性と違ってアクセサリーに詳しいわけではないので、可能なら彼女と一緒に選んで彼女が納得するものを買いたいと答える男性もいます。

ただし難しいのはおねだりのタイミングでしょう。もしかしたら男性側がこっそり準備している可能性があります。彼女をびっくりさせたいと思っていたのに彼女からねだられてしまったのではサプライズではなくなってしまいます。男性側の努力が無駄にならないような配慮も必要です。

あからさまに欲しいとおねだりするのは勇気がいりますし、男性が戸惑ってしまう可能性もあるので、女性側が欲しがっている雰囲気を醸し出すのもひとつの方法です。

自分の思いをストレートに伝えるのが苦手なら

婚約指輪が欲しいという気持ちをどう伝えればいいのか、うまく伝わるかどうかを悩んでいるうちに時間だけが過ぎてしまうこともあります。そんなときは色々なシチュエーションを試してみてはいかがでしょうか。

デートを約束した日、もしも街に出かける予定があるならジュエリーショップの前をさりげなく通りかかってみましょう。少し歩くスピードを落としてお店の中に目をやれば、すぐ隣で歩いている男性は気づくはずです。彼女の視線を追えば彼女がお店の中のジュエリーを見ていることが分かります。二人の間で結婚の話がでているなら、結婚指輪か婚約指輪が欲しいんだろうと気持ちが伝わる可能性があります。

このときお店の中に男性を誘ってみてください。お互いに結婚を意識している時期ならば、男性も特に渋ることはないでしょう。今すぐに買うのではなく見るだけだと伝えます。もしかしたら女性に内緒で婚約指輪を買いたいけれどサイズも好みも分からなくて買えずにいる場合、男性側にしてもチャンス到来になるかもしれません。

もしも奥手な男性でショップに一緒に入るのが難しい場合は、ほかの方法を試してみます。例えば、友達の結婚式の話などです。自分の友達がどんな流れで結婚式まで辿り着いたのか、プロポーズのときに贈られた婚約指輪の話などを伝えると、男性側もプロポーズや婚約指輪、結婚式を意識してくれるでしょう。また、テーブルやソファに指輪が載っている雑誌などを広げておくなど、さりげないおねだりで男性に伝えることが大切です。

両家の顔合わせのタイミングに合わせておねだりするのもアリ

結婚が決まった後、両家で顔合わせをします。楽しい食事会になり、いよいよ結婚に向けて本格的に色々決めていくことになります。それまでは結婚に対して漠然としたイメージしかわかなかったかもしれませんが、両家の顔合わせでぐっと気持ちが引き締まります。もしも彼に婚約指輪をおねだりするなら、この顔合わせもいいタイミングです。

これから結婚に向けて色々お金がかかるときなので節約したいという考え方は間違いではありませんし、むしろ経済観念がしっかりしている頼れる男性でもあります。ただ、女性の本音として結婚指輪だけでなく婚約指輪が欲しい気持ちもありますので、結婚指輪と婚約指輪の二つを重ねて付けている友達が羨ましいなどの気持ちを伝えてみると良いでしょう。

両家の顔合わせは二人にとってかけがえのない思い出になります。それだけ大事な記念日になるときですから、このタイミングに合わせておねだりすれば、婚約指輪は節約したいという彼の気持ちも変化する可能性があります。これからともに人生を歩んでいく大事なパートナーが実は我慢をしていたこと、本当は欲しがっている気持ちを知れば、男性もその気持ちに応えたいと思うでしょう。しかし、ここで忘れてならないのは、彼がすでに準備している可能性があることです。指輪を渡す当日まで知らんぷりしているかもしれませんから、必要以上にしつこくねだらないように注意が必要です。