指輪のモチーフに込められた意味 | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

指輪のモチーフに込められた意味

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/25

ジュエリーのモチーフには様々な種類があります。モチーフによって込められている意味が異なるため、婚約・結婚指輪やペアリングのデザインを決める際は、参考にしてください。ハンドメイドの結婚指輪は工房スミスで製作できます。

モチーフ選びで困ったら…

指輪のモチーフ選びで困ったら、モチーフに込められている意味を知ることから始めましょう。お二人で選ぶならこれからの未来を想像しながら、サプライズとして贈るなら相手へのメッセージをモチーフに込めて選ぶのがおすすめです。

モチーフにもこだわることで、結婚指輪がより特別なものになります。

モチーフに込められた意味

日付やイニシャル

指輪のモチーフの定番といえば、日付やイニシャルです。お二人の記念日やお互いのイニシャル、または両方を入れることがあります。イニシャルを入れる場合、「to」や「&」を入れることが多いです。「to」は“○○から○○へ”という意味が込められていて、「&」にはイニシャルをつなげて絆を表しています。

STAR(スター)

光り輝く星は、新たな出会いやチャンスなどの幸運を運んできてくれる、希望や夢の象徴とされています。悪を封じるという意味も込められていて、身につける人を守り、明るさや自信をもたらします。

MOON(ムーン)

月は、女性らしさや優しさの象徴です。母性を高めて、知性と心の落ち着きを与えると言われています。また、月は満ち欠けすることから成長の象徴とも言われているのです。その他にも、闇を明るく照らすことから、財運アップのモチーフとしても扱われています。

HEART(ハート)

ハートは、心を表すモチーフです。生命や愛情、幸福の象徴であり、「永遠の幸福」「恋愛の成就」「幸せな結婚への願い」などの願いを込めて、カップルやご夫婦に人気のモチーフとなっています。

CROSS(クロス)

三位一体という意味があるクロスのモチーフは、キリストの象徴とされています。神聖なパワーを持っていて、身につける人に力を与えると言われています。

CLOVER(クローバー)

幸運のシンボルになっている四葉のクローバーには、幸福という意味が込められています。それぞれの葉に「愛情」「健康」「富」「名声」という意味があり、4つを合わせて「真実の愛」を表しています。

ハンドメイドで製作する工房スミスでは、基本的にどのようなデザインや刻印でも対応可能です。上記で紹介したモチーフの他にも、犬や猫の足跡、お二人の似顔絵なども人気があります。ハンドメイドだからこそ、ペットのイラスト、野球やバスケのボール、音楽の記号など、お二人の共通の趣味をテーマにした刻印も可能となっていますので、まずはお気軽にご相談ください。