プロポーズする際に片ひざをつく理由 | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

プロポーズする際に片ひざをつく理由

#プロポーズ
2019/12/25

手作り指輪は東京の【工房スミス】へ!二人のこだわりをデザインできる~プロポーズする際に片ひざをつく理由~

男性がプロポーズする際に片ひざをつく意味とは?

男性がプロポーズの際に片ひざをつくという動作は、あまり日本の男性はしない行為ですが、西洋では一般的な動作です。では、なぜ男性は片ひざをついてプロポーズするのでしょうか。それは西洋の文化の中で自然に行われていた動作だからです。

中世など騎士が存在していた時代、西洋では主君やそれに準ずる高貴な女性などに対して、忠誠を誓う証としてこの動作を日常的に行っていました。騎士にとって結婚を申し込む女性もまた大切な存在です。彼女に永遠の愛と、変わらない忠誠を誓うという意味を込めて、プロポーズの際にこの動作を行ってきました。それが慣例となって現代でも、海外では愛を告げる際には、片ひざをつくのが一般的になっています。

手作り指輪は東京の【工房スミス】~二人のこだわりをデザインに取り入れる~

手作り指輪は東京の【工房スミス】にお任せください。結婚に向けての準備には指輪は必要不可欠です。エンゲージリングやマリッジリングは二人の記念となるものだからこそ、こだわりのデザインを取り入れませんか?

東京の【工房スミス】では、オーダーメイド品の製作販売の他に、カップル自身が手作りで指輪を製作することができます。カップル毎にマンツーマンで対応し、でき上がりまできちんと指導いたしますので、満足度の高い指輪が製作できます。

東京で手作り指輪を製作できる【工房スミス】は不器用さんにも安心

東京で手作り指輪を製作するなら【工房スミス】がお手伝いいたします。こだわりのエンゲージリング・マリッジリングを製作することができますので、興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。製作コースは二つあり、はじめての方や不器用さんにも安心のコースも用意していますので、ご安心ください。自分たちで好きなデザインを決めて自分たちで作る手作り指輪は一生身につけるのにふさわしい究極の指輪となります。