メレダイヤとは?ダイヤとの違いや相場を比較 | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

メレダイヤとは?ダイヤとの違いや相場を比較

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/26

メレダイヤの定義について

結婚指輪や婚約指輪の石で、メレダイヤを使ったものが人気です。メレとはフランス語で小粒石を意味する言葉です。つまり小さなダイヤモンドのことをこのように呼びます。したがって、メレダイヤもダイヤモンドの一種であることに違いはなく、大きさの違いのみになります。

ダイヤモンドを加工するにあたって、研磨の工程があります。このとき形を整えるために一部をそぎ落とします。この切り落としの作業は必ずしも必要ではありません。しかしそれでも研磨を行う中で比較的大きな粒が削られることもあります。このようないわば削られたものを集めて、再加工して作られたのがメレダイヤです。メレダイヤは意外と多方面で使用されています。アクセサリーの装飾用のほかにも、腕時計の文字盤のところにあしらわれることもあります。わき役として重宝する宝石で、指輪やネックレスなどでよく使われる素材です。

では具体的にどのくらいの大きさになるとメレダイヤになるのか、これは特に業界内で厳密な基準はありません。プロによっても基準は曖昧です。0.3カラット未満という人もいれば、0.1カラット未満と定義しているケースも見受けられます。日本の場合、婚約指輪のメインとして使用されるダイヤモンドのサイズは0.2カラット以上が多いです。そこから比較して0.2カラット未満のサイズのものを相場として、相対的にメレダイヤと呼びます。直径でいうと3.8mm以下と考えましょう。

重宝する存在

メレダイヤは普通のダイヤモンドと比較して大変小粒です。このため、かつて屑ダイヤという呼ばれ方をされていました。単体でダイヤモンドとして取引されることもないですし、普通サイズであればついてくる鑑定書などもついてきません。しかし、もともとはカラット、カラー、カット、クラリティという4Cの基準を満たすダイヤモンドです。このようなこともあって、屑と呼ばれていてもきちんと価値があるものもあります。例えば女性用の結婚指輪としても、非常に人気のある素材です。結婚指輪の場合、常に指から外すことなく装着している方は多いです。そうなると使いやすさを求める傾向が見られます。あまり大きな粒だと扱いにくくなります。洗い物などをしているときに邪魔になってしまうかもしれません。それと比較してメレダイヤが埋め込まれたデザインの方が日常使いの際にも違和感がないですし、作業をしているときに邪魔に感じることも少ないです。

またメレダイヤの場合、伏せ込みというセッティングスタイルをとっているものが多いです。爪なしでリングに埋め込む方式です。爪がついていると洋服を脱ぎ着するときに引っ掛けてしまって、衣服を傷つけることもあるかもしれません。しかし、メレダイヤの結婚指輪であれば、そのような心配もありません。0.2カラット未満が相場の小粒ですから、一周ぐるっとメレダイヤで取り囲む指輪も作れます。途切れることなく一周していることから、永遠の愛を意味していて結婚指輪としてぴったりです。このような理由から、エタニティリングとして人気が高まっていて、こだわりのデザインのものを提供しているブランドも出てきています。

相場について

ダイヤモンドは、通常サイズのものであれば単体で査定されるのが一般的です。メレダイヤの場合それと比較して1カラット当たりいくらという形で換算し、単体で金額を提示することはあまり多くありませんが、1つ当たり大体数百円から数千円と手ごろな価格です。また同じ総量でも、その中に粒の大きなものが含まれていると価値も上がります。0.2カラット以上のものが含まれていると査定もプラスになるでしょう。

サイズのほかにはカラーやカットによって価値も左右されます。傾向として、ピンクやイエローのようなダイヤモンドに色が付いたものの方が価値は高くなります。カットについても重視され、プリンセスカットのものは評価が高いです。これには理由があり、アクセサリーへの転用ができて、再利用の領域も広がるからです。特徴がない石でも、1カラット以上あれば、同様の理由から相場の金額もアップするでしょう。

メレダイヤを使用した指輪を作る場合、安ければ数万円台で購入できるようなものもあります。しかしながら、デザインにこだわったり、ある程度の量をちりばめたりすると価格もアップします。婚約指輪の場合、相場は大体20万円前後ですが、通常サイズのダイヤモンドの場合は20から30万円です。中にはメレダイヤでも20万円を大きく超えるようなアイテムも見受けられます。どれだけの量を使用するか、どのようにカットするかによって変わってくるからです。その点は通常でも同じですが、メレダイヤだからといって必ずしも通常サイズの指輪より安くなるわけではないことを覚えておきましょう。

メレダイヤでも輝きの良し悪しによって、アクセサリーそのものの印象も変わってきます。もし購入するなら、見た目などにもこだわってベストのものを見つけましょう。