爪ありメレリングで華やかさを強調するデザインに | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

爪ありメレリングで華やかさを強調するデザインに

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/26

メレリングは華やかさときらびやかさが増す指輪

エンゲージリングなどを選定するに際して重きを置くポイントは人によってさまざまですが、永遠の輝きを放つとされるダイヤモンドをあしらったリングは一様に高い人気を誇っています。そして、ダイヤモンドの美しさや豪華さを引き立たせるためには、爪ありメレリングを選ぶのがおすすめです。

メレリングという名称は、フランス語で小粒石を意味するメレという言葉に由来しています。メレリングは、厳密には0.1カラット以下の小粒ダイヤモンドをあしらったリングのことを意味します。こちらはサイドストーンリングとも呼ばれ、センターストーンだけではなく小さな石があることで華やかさやきらびやかさが増すというメリットがあります。一般的にはセンターストーンの周りに小粒石を配置したものが多く見受けられますが、デザインのバリエーションは豊富に存在します。使用するダイヤモンドの数や形、位置などによって印象が変わるので、デザインの選択肢が多く一人ひとりのこだわりを反映させやすいのも魅力となっています。例えば、ストレートのみならずS字リングに小粒ダイヤモンドをあしらったものなども存在します。また、メレのデザインはエンゲージリングのみならず、マリッジリングにも採用されることがあります。

メレリングは爪の有無によっても印象が変わってきます。どちらにもメリットとデメリットがあるので、あらかじめ理解した上で自分に合ったものを選びましょう。

爪ありメレリングなどに関する情報

メレリングの中でも爪ありのものは、石が高くセッティングされるために立体的で存在感があり、光が入りやすくなるので強い輝きを放ちます。特に、センターストーンだけでなくサイドストーンにも爪ありのデザインを採用したものは、さらに豪華な印象となります。

その一方で、爪なしのメレリングは土台に石が埋め込まれているもので、爪ありのものと比較するとゴージャスさや輝きは多少落ち着き、品のある雰囲気になります。ただ、爪なしのデザインでも石の数やセッティング方法に気を配ることで、豪華さや輝きを増すことができます。また、石を爪で留めるのではなく土台に埋め込むため、石が外れにくいのは魅力の一つです。そのため、爪なしのリングは日常使いに適しており、普段から指輪を身につけておきたいという方におすすめです。

エンゲージリングなどにメレリングを選択すると、デザインを選ぶ時の自由度が高くなるというアドバンテージもあります。一般的には、センターダイヤモンドの両脇にメレダイヤモンドを一つずつあしらったものが多く見受けられますが、その他にも工夫次第でデザインのバリエーションは無限に広がります。例えば、メレダイヤモンドの数を増やすことでゴージャス感をアップしたり、あえてアシンメトリーにセッティングして個性を出したりすることも可能になります。さらに使用する石としてピンクダイヤモンドを選ぶのも一つの方法です。ピンクダイヤモンドはホワイトダイヤモンドと比較して高価ではありますが、華やかでキュートな印象になります。

その他に、メレリングをエンゲージリングにする場合は、マリッジリングと重ねづけした時の相性にも気を配ることが大切です。

リングの手作りについて

これから華やかな爪ありメレリングなどを入手したいと考えるのであれば、リングを手作りするのもおすすめの方法です。結婚は人生の一大イベントなので、ブライダルシーンの特別感を演出するためには手作りリングの活用も検討することをおすすめします。また、メレリングはデザインの種類が多いので、手作りにすることで自分のオリジナリティーを強く反映させたリングを手に入れることができます。

手作りのリングは、機械で製造されたものにはない何とも言えない温かみがあります。また、リングを購入するのと比較して手作りする場合は多くの時間やエネルギーがかかりますが、手作りのリングならではの魅力が感じられる人にとっては、苦労したこともきっと良い思い出となることでしょう。ただし、素人が不用意に作業をすると、希望通りの仕上がりにならないことが多いので注意する必要があります。こちらの問題を解決するためには、リングの手作り教室を開催している業者も多数存在するので、利用してみることをおすすめします。手作り教室では、作業に必要な道具などが提供されるため、手軽に手作り体験をすることができます。

そして専門のデザイナーや職人がサポートしてくれるので、経験や知識のない方でも完成度の高いリングを作り上げることが可能です。リングを手作りする場合は、まずデザインを考えることから始めることになります。手作りリングのデザインはバリエーションが豊富ですが、実現可能なものでなければ後から悔やむことになる恐れもあります。手作り教室では、イメージ作りの段階から専門のスタッフがサポートしてくれるので安心です。