彼女の好みの指輪を知るためにできること | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

彼女の好みの指輪を知るためにできること

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/26

普段の装いや友人から好みを調べる

彼女の好みの指輪を知るには、いくつかの方法があります。まずはプロポーズをしてOKが出たら、一緒にお店へ購入しに行くという方法です。そしてもう一つの方法は、いきなり指輪を見せながらプロポーズをするという方法です。ただし、こうしたプレゼント方法は、いずれも彼女との婚約が成功することが前提として挙げられます。もらったけれども好みではないというケースもありますから、サプライズをする場合は事前の調べが非常に大事になってきます。

また、いろいろなデザインがあるので、いきなり目の前に出されても彼女の好みと合わない場合も考えられます。従ってプロポーズをする前に、常日頃から彼女が普段身に付けているアクセサリーから好みの傾向をあらかじめ把握しておくということはとても大切です。アクセサリーに限らず洋服やバッグ等の色やデザインから判断するということもできるためです。他にも、共通の友人がいるのであれば、その方に好みを聞いてもらいましょう。シンプルなもの、可愛らしいものなどのイメージはもちろん、例えばハートがあしらわれているものが好きなど、好きなモチーフがあればそれも確認しておくと良いです。サプライズを予定しているのであれば、友人には口止めやさりげなく聞いてもらうように伝えておくのも忘れてはいけません。

金銭的に余裕があるのであれば、プロポーズをする前にファッションリングやペアリングを贈るという方法もあります。これらで、彼女の好みの傾向や指輪のサイズを知っておくのです。

いろいろある指輪の種類や材質

交際している彼女に指輪をプレゼントする際には、どんな種類があるのかをあらかじめ知っておくことも大切です。その種類ですが、きらびやかな宝石が中央で輝いているソリティアというタイプが挙げられます。中でも、キラキラと輝いたダイヤモンドが乗っているタイプが王道となっています。

また、ソリティアによく似たタイプとして、サイドストーンやエタニティーというタイプもあります。これらは一見ソリティアとよく似ているのですが、メインとなる宝石の両サイドには中央の宝石よりも小粒のものが散りばめられたデザインになっています。その他にも、ひねったようなデザインのウエーブラインやアンティーク調のクラシカルタイプなど様々なタイプがあります。

そして材質についても、メインとなる宝石と同様に種類があります。特に、王道とされているのがプラチナです。プラチナは白金とも呼ばれており、変色や変質が起こりにくい特徴があります。またプラチナ特有の白銀の輝きは、彼女に純白のウエディングドレスを連想させやすいので婚約や結婚の指輪として今や定番ともなっています。

その他にもプラチナと同様に人気があるのが、イエローゴールドやピンクゴールドです。このイエローゴールドやピンクゴールドは、プラチナとは違って金色やピンク色の輝きをしているので一層派手やかな印象を与えます。かし、ゴールド系は手に馴染む色をしているため普段使いができるような指輪が好みという方にもおすすめです。例えば、彼女が普段身に着けている時計やブレスレットの色味に指輪の素材の色を合わせてみる方法もあります。

彼女がブランド志向ならブランド物がおすすめ

結婚指輪以上に大きなダイヤモンドが付いている分、高価となるのが婚約指輪です。いずれも左手の薬指にはめるというのが一般的ですが、中には婚約中は右手の薬指に付けるという方も多くいます。この2つの違いですが、結婚する前の婚約中に彼女にプレゼントするのが婚約指輪です。一方、結婚指輪は、結婚式や入籍したあとに左手の薬指に夫婦のどちらもはめるというのが一般的です。従って結婚式の際には、指輪の交換というシーンが設けられています。

彼女がブランド志向ならブランドの指輪をプレゼントするというのもおすすめです。特にブランド志向の場合には、日頃彼女が身に付けている洋服やバッグなどから予想しやすくなります。こうしたブランド物の場合には、通常のタイプとは違ってネームバリューもあり、値段が高くなる傾向にあります。そのためブランド物を選ぶ際には、相場よりも多めの予算を設定しておきましょう。

また、好みと同時に、見落としてはいけないのがサイズです。サイズについては、日頃彼女がはめているファッションリングを参考にするのがおすすめです。あるいは彼女が寝ている時に、糸でサイズを測るという方法もあります。婚約指輪の場合は、お風呂や食器を洗う時に外すためファッションリングと同じくらいのサイズで問題ありません。しかし、結婚指輪は基本的に外すことはなく、日常生活で取れないようにするために一回り小さいサイズを選びます。指輪によっては着用している時の着け心地などにも好みがありますから、これも普段のファッションリングを参考にするか、一緒に購入するようにしましょう。