婚約指輪のお返しには何を選ぶべき? | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

婚約指輪のお返しには何を選ぶべき?

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/26

彼から婚約指輪を贈られた女性の方へ

婚約指輪は、結婚の約束をした証しとして男性から女性に贈られるものです。そのため、婚約指輪の購入に必要となる費用は男性が負担するのが一般的ですが、を受け取った女性の中にはお返しをするべきかどうかという疑問も持つ方もいらっしゃるでしょう。この問題が気にかかるという方は、贈り物のマナーに関するエキスパートや経験者から情報を収集することをおすすめします。

日常生活の中で頂き物をした時には、感謝の気持ちを込めて品物を贈るのが良いとされているので、婚約指輪の場合もお返しをするのが良いでしょう。また、婚約の喜びは2人で分かち合うものなので、女性から男性に贈り物をするのも自然な流れです。実際に婚約指輪を受け取った女性の中には、お礼の品物を贈った人が多くいらっしゃいます。もちろんお返しすることが義務という訳ではありませんし、損得勘定にこだわり過ぎるとかえって失礼な印象を与えてしまうことにもなりかねません。その点に注意する必要はありますが、お返しをすることによって素直な感謝の気持ちが相手に伝われば、2人の絆はより一層強まります。

これから婚約指輪のお返しをする場合、贈り物をされて嬉しかった気持ちを表現することが大切になります。それを踏まえた上で、贈る品物や負担する費用などを検討すると良いでしょう。特に、費用については一般的な相場もある程度存在しているので、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

婚約指輪のお返しを選ぶにあたっては

男性から贈られた婚約指輪のお返しを何にすればよいのか分からない場合は、彼が大切にしてくれそうなものをイメージすることから始めると良いでしょう。ただし、あまりにも高価な品物を贈ると、かえって相手に負担をかけてしまうことにもなりかねないので気をつける必要があります。

また、頂き物を返すという一般的なマナーに従って行動するだけでは、他人行儀な印象を与えてしまう可能性もあります。このリスクを回避するためには、品物を贈るのではなく、別の方法で感謝の気持ちを伝えるのも選択肢の一つです。結婚の約束をした男性とは一緒に過ごす時間も多くなるので、日常生活の中で相手にお礼をする機会は数多く存在するはずです。例えば、結婚指輪の購入や外食にかかる費用を負担するのも選択肢の一つです。

次に、婚約指輪のお返しとして品物を贈る場合は、使い捨てのアイテムなどではなく一生の記念になるものを選びたいところです。具体的には、腕時計や衣服、筆記用具など、日々の暮らしの中で身につけるものや頻繁に使用するものを選ぶと良いです。それらの品物は日常的に目にする機会が多いので、2人の絆を感じながら生活を送るために役立つでしょう。

どうしても彼の欲しいものが分からない場合は、相手に直接尋ねてみるのも一つの方法です。こちらの方法は少々勇気がいるかもしれませんが、相手の欲しいものを本人から直接聞けるため、品物を選び間違えることがないというメリットがあります。お返しの品が相手にとって本当に欲しいものであれば、長く大切にしてくれる可能性も高くなります。

具体的なおすすめ品物を紹介

結婚の約束をした場合、結納を行うケースもあるため、婚約指輪のお返しには結納の日に身につけるものを贈るという方法もあります。その場合は、結納の日程を確認した上で、当日の少し前に贈ることができるようスケジュールを調整するようにしましょう。

婚約指輪のお返しとして、腕時計も人気の高いアイテムの一つです。腕時計は、2人で共に時を刻んでゆきたい、という願いを込めたプレゼントにもなります。腕時計を贈れば、時刻を確認するため手元を見るため、自分のことを思い出してもらえる機会が増えます。特に、ブランド物の時計など、機能性やデザイン、耐久性に優れたアイテムを選定すれば、長い期間にわたって大切に使用してもらえます。

その一方で、最近ではスマートフォンや携帯電話などの時計機能を使用するので、腕時計は身につけないという男性も増えてきています。この場合には、腕時計を贈っても普段身につけてもらうことは難しいかもしれません。腕時計以外でも、日常生活の中で頻繁に長い間使用する品物であれば、婚約指輪のお返しになります。例えば、自宅で仕事をしたり本を読んだりする機会が多い男性には、書斎に置く机をプレゼントするのも良いでしょう。

続いて、婚約指輪のお返しとする品物を選定するにあたっては、費用も気になるポイントの一つです。一般的な費用の相場としては、頂いた婚約指輪の購入代金の半額から3分の1程度と言われています。ただし、2人の関係性や経済状態、彼の希望などによっても適切な費用は変わってくるので、相場にこだわらず臨機応変に対処することも大切です。婚約指輪の購入費用だけではなく、結婚式にかかる費用なども考慮した上で検討すると良いです。