結婚指輪購入のタイミングは? | 手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

結婚指輪購入のタイミングは?

#結婚指輪・婚約指輪の豆知識
2019/12/26

式を挙げるかどうかで変わってくる

結婚することになった場合、やはり結婚指輪を購入したいと考えるカップルは多いでしょう。そこで問題になるのは、どのタイミングで購入すればいいかです。これは結婚式を挙げるかどうかで多少違ってきます。もし式を挙げる予定でいる場合には、挙式の際にお互いの指輪をはめ合う演出をすることが一般的ですので挙式当日までに準備する必要があります。そう考えると挙式の1カ月くらい前までに購入しておいた方がいいです。できるだけ早めに用意した方が、結婚式で正式な指輪の交換もできますし、挙式後にすぐ指輪を身につけられます。もし間に合わなくても結婚式場などに相談すると、このような演出用の指輪を代用できる場合もありますが、できれば自分たちで購入したものを使いたいでしょう。

一方最近では、式を挙げずに婚姻届を出すカップルも増えています。授かり婚で結婚式を挙げるきっかけを逃してしまったり、経済的な事情があったりして婚姻届を出すだけする場合には、別に指輪交換の儀式がないので自分の好きなタイミングで購入して問題ないです。何かの記念日や入籍した日、お互いの誕生日でもいいでしょうし、お付き合いを始めた日でも構いません。

もし入籍したときと同時に身につけたいと思っているのなら、少し余裕をもって用意しなければなりません。じっくり探したければ半年前、少なくても3カ月前くらいから情報収集を始めた方がいいです。中には婚約指輪と一緒に買い求めるカップルもいます。そうすると、女性は婚約指輪と重ね着けすることも可能です。お店の中には両者をセットで販売しているところもあります。

受け取りまである程度の時間がかかる点に注意

結婚指輪を購入するタイミングとして注意しなければならないのは、実際に作成してから手元に届くまでにある程度の時間がかかる点です。まずは2人でどのような指輪にするか話し合っておいた方がいいです。お互いの好みのデザインやイメージを共有しておかないと、後で意思のズレが生じる恐れがあるからです。ネットでも情報収集できますが、ある程度具体的なイメージが固まったところでお店や工房に下見に行きます。サイズや実際にはめてみたときのイメージの違いもあるので試着をしてみることも大切です。平日は空いているのでおすすめですが、もしどうしても時間がとれなければ、週末の午前中は午後と比較して空いているお店が多いので早めに行くとじっくり見られます。そして購入するものが決まったら、そこで注文となります。ここから商品が届くまでにある程度時間がかかるので注意しましょう。

特にデザインを起こすところからスタートしなければならないフルオーダーの指輪を制作する場合、人によっては注文から受け取りまで2カ月以上要する場合もあります。もしオリジナルの指輪をオーダーしようと思っているのなら、早い段階から行動する必要があります。

既存のデザインのものを購入しても、リングの裏に名前や記念日などを刻印したいと希望を抱いているカップルは多いです。このような刻印をお願いする場合も、手元に商品が届くまで時間がかかってしまいます。どのような文字を刻むのか、お店によって若干違いがありますが、3週間から1カ月程度かかると見込んで予定を立てると安心です。このように、注文すればすぐに指輪が手に入るわけではないことを覚えておきましょう。

結婚指輪を身に着けるタイミング

結婚指輪を身に着けはじめるタイミングがわからない人もいるでしょう。アンケートなどをとっているサイトも見られますが、半分以上の人は挙式の後から身に着けているといった意見が多いです。結婚式で指輪の交換をして、そのまま外すことなくずっと着用しているというわけです。その意味では式を挙げるカップルはタイミングが計りやすいといえます。

では、式を挙げないカップルはいつから身に着けているのかですが、多いのは入籍後です。婚姻届を出した瞬間から夫婦になるわけで、そのときから身に着けたいと考えるカップルは多いです。ただし、式を挙げないカップルの場合、タイミングについては人それぞれです。例えば購入したらすぐに身に着けた人もいますし、一緒に住み始めたときが夫婦生活のスタートと考えて、そこで購入、着用した人もいます。このように指輪を身に着けるタイミングについては特に決まったルールがないことがわかります。

近年では結婚に関する概念もだいぶ変わり、いろいろな価値観が受け入れられています。結婚式にこだわらず籍だけ入れるカップルも増えています。ですから結婚指輪についても、あまり常識にこだわる必要はありません。ただし、相手とは十分話し合って、指輪についてどうするか2人で結論を出すことは大事です。いつから指輪を身に着けたいのか、まずは話し合って決めましょう。ゴールが設定されれば、そこから逆算して今何をすべきか、おのずと決まってきます。